2007年10月24日

ジャマン・ピュエッシュ展示会

先日H.P.フランスのジャマン・ピュエッシュ来春のバイヤー受注会に行ってきました。

私の場合東京も日帰りです。
東京の美味しいお店2軒をご紹介します。

近江屋洋菓子店
創業明治17年!
こういう昔からある良きお店は行く人の年齢が偏らないのです。それこそ性別も。
若い女の子も多いのだけれど、おじさんもおばさんも若い男の子も奥の方でフリードリンク(¥525)で選べるボルシチを食べたりしているのです。
イチゴのショートケーキも美味しいけれど、今はやっぱりアップルパイ。
秋を感じてください。
フリードリンクに入っているボルシチ。

床も可愛い。

レトロなラッピング。

つやつやさっくり。


青山浅田
金沢の浅田の東京支店なのですが、おいしかったなー。
お店のランチなのですが、そこはやっぱり老舗料亭。
ダシが違います。
金沢のブリでしょうか、焼物も良かったです。
私の食べた3570円の紅殻弁当、
4200円の五段弁当も良さそうです。
そしてここは給仕の女性がとてもキレイ!
スーツで接待してくれる女性は皆ハキハキ、キビキビしてとても気持ち良いです。
おじさま達にもうけるでしょうね。
でも1800円のランチもあるので若い女性もたくさん来ていましたよ。




私のお気に入り、ヨウコさんの本をご紹介します。

愛情旅行」 荒木経惟/著 荒木陽子/著 マガジンハウス 
愛情生活」 荒木 陽子/著 作品社
愛しのチロ 」 荒木 経惟 /著 平凡社

アラーキーよりもっと過激な洋子さん。
なにせあのアラーキーがちょっと待てとブレーキをかけるぐらいなんだから。
ちょっと見は普通の人なんだけど…
やっぱ普通というのは、内側は過激なもんなんです。。
良き文というのは読むと風景が浮かんでその風景には色がついて(モノクロもいいなー)
漂う匂いもあるんじゃないかなー。
エッセイストとして将来が楽しみだった洋子さん
”センチメンタルな旅”は今も続いているかしら。
2人の住んだ広いバルコニーのついたあの部屋はどうなっているでしょう。

「生きることはセンチメンタルな旅であり、なおかつ彼にとっては、写真を撮り続けることがセンチメンタルな旅であるのだ。」
(荒木経惟/著 荒木陽子/著 『愛情旅行』 マガジンハウス 1996年 79P)
posted by sumiko at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京のレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。