2009年05月15日

チェルリー公園の小さな遊園地

新しいお店もやっと落ち着いてきたので
長らくお休みしていた私のコラムも復活させていただきます。
お伝えしたいことが山ほどたまっていますが、また、おいおいに・・・。

さて、フランスは学校の校庭も公園も小さいのですが
いったい子供たちはどこで遊んでいるのでしょう?という疑問。

その答えのようなかわいい遊園地を
トレードショーのあるチェルリー公園の中にみつけました。
日本の遊園地とは比べものにならない素朴な遊具で子供たちは嬉々として遊んでいます。




ロバさんも登場してパカパカと公園を一周、息子ものせてもらって大喜びでした。





でも日本と違うのは、そこがパリのど真ん中!
東京でいえば銀座みたいなところにあるという事。
こんなところは日本も見習ってほしいなーと思いますね。
時々、移動観覧車もあるのですが
高いところが苦手な私は、こわくて一度も目が開けられません。
そんな私を見て、いつもは意気地なしの息子は「ママ、こわいんね〜」と大喜び。
きっとパリ中が見渡せたんでしょうね。
posted by sumiko at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パリのこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。